女子プロレス「スターダム」に参戦する〝狂乱娘〟こと鈴季すず(21)が、ワールド王座を争う舞華に猛反論だ。

 左ヒザ負傷で欠場中の中野たむが返上したことで、同王座は空位の状態。2日の愛知大会で葉月を退け挑戦権利証を死守した鈴季は、新王者決定戦進出トーナメントを制覇した舞華と新王者決定戦(29日、東京・両国国技館)で激突する。

 先日、舞華からは本紙を通じて「(王者として)すずは何がしたいのかわからない。期待も応援もされていないヤツが団体のチャンピオンにはふさわしくないでしょ?」と〝口撃〟された。

 これに対し、「あれを読んで正直、残念な気持ちになったよ。舞華が人気とかファンの期待とか気にするヤツだったなんて…。もっと野心に燃えてるヤツだと思ってたのによ」と吐き捨てる。

 自身は4月に「プロレス界の顔になる」と宣言して「プロミネンス」を脱退。スターダムに本格参戦するようになってからも、信念を貫いてきた自負がある。

 そのため「プロレスラーとして個人的な目標を持って何が悪いの? 団体王者としての責任? それを考えるなら、生え抜きをもっと焦らせて団体を活性化させてやるよ」と反論。返す刀で「アイツは『人気が…』とか『私がスターダムを守る』とか『ベルト取って男子と試合がしたい』とか芯がブレブレなんだよ。舞華こそ何したいのかわかんねえ。そんなヤツに負けることは絶対ない」と言い切った。

 今夏のシングルリーグ戦「5★STAR GP」では優勝決定戦で舞華を下し初優勝を飾った。一方の舞華は、これまで3度、ワールド王座取りに失敗。2日の愛知大会ではメーガン・ベーンとゴッデス王座の新王者決定戦に臨むも、復帰したばかりの林下詩美&上谷沙弥に敗れた。

 鈴季は「舞華は期待されても結局、応えられずに終わるプロレス人生なんだよ。今回も私が勝って、お前の時代は来ないまま終わりにしてやる」。年内最終興行の主役は譲らない。