中日・笠原が4回7失点KOの背信投球 与田監督「来年もローテに入る投手に育ってほしい」

2021年10月08日 21時53分

中日・与田監督
中日・与田監督

 中日の笠原祥太郎投手(26)がまさかの背信投球だ。

 8日のDeNA戦(横浜)に先発しものの、4回9安打、自己ワーストの7失点で降板し今季2敗目を喫した。

 初回に味方打線から2点先制してもらいながら踏ん張れない。その裏に二死から3番・佐野にど真ん中の直球を右翼にソロ本塁打を被弾。

 2回はソトの適時二塁打で同点とされると、桑原に押し出し四球で勝ち越しを許し、さらに佐野には二死満塁から右翼へ2打席連発となる満塁弾を浴びた。

 結局、この回は打者一巡の猛攻を受けて6失点の大炎上で、2回までに試合が決まってしまった。いまだ今季未勝利の5年目左腕は「先制して、いい流れをつくってもらったのに壊してしまい申し訳ないです…」と肩を落とした。

 佐野の2発目の満塁弾も甘いボールだったことで与田監督は「やっぱりコントロールミスだね。左右のミスであり、高低のミスであり、そういったところがこういう結果になったと思う」と憮然とした表情を浮かべた。

 その上で笠原に対し指揮官は「やっぱり来年に向けてもローテーションに入れるような投手に育ってほしいという気持ちは持っている」と期待を寄せた。

関連タグ:
 

ピックアップ