DeNA牧が4安打固め打ちで打率3割目前 新人王奪取に「全力で狙っていきたい」

2021年10月08日 22時11分

DeNA・牧秀悟
DeNA・牧秀悟

 主砲になっても打棒の勢いは止まらない。DeNA・牧秀悟内野手(23)が8日の中日戦(横浜)で4安打の大暴れを見せた。

 6日の阪神戦(横浜)から4番に座るルーキーは、初回こそ中飛に倒れたものの、2回の2打席目以降は中前打、左前打、中前打、左前打と単打の固め打ち。3試合連続安打で打率を2割9分5厘にまで引き上げた。

 チームも9―3で勝利し、連勝に貢献。広島・栗林や阪神・佐藤輝、中野、伊藤将、さらにヤクルト・奥川らともにセ・リーグ新人王の候補として、その名を挙げられている。試合後のヒーローインタビューで好調の秘訣を問われると「しっかり食べて、しっかり寝ているからかなと思います」。

 期待ががかる新人王奪取についても「自分個人としては狙えるのは今年しかないので、全力で狙っていきたいと思います」と力強くコメント。ハマスタのファンから万雷の拍手を浴びていた。

関連タグ:

ピックアップ