DeNA逆転勝ち!連敗4でストップ 三浦監督「本当にホームで久しぶりの勝利」

2021年10月07日 22時00分

8回、逆転2ランを放ったソト(手前左)を迎えるDeNAベンチ
8回、逆転2ランを放ったソト(手前左)を迎えるDeNAベンチ

 指揮官も安堵の表情だった。DeNAは7日、阪神戦(横浜)で4―3と逆転勝ち。連敗を4で止め、今季最後の阪神戦で意地の白星を奪った。

 先発マウンドに立ったロメロは8回6安打3失点。3回に大山の一発を浴びるなど3点を与えたが、大きく崩れることはなく追加点も与えずクオリティースタートの内容で試合をまとめた。1点を追う8回にソトが9月2日以来の21号逆転2ランを放ち、そのまま逃げ切って勝利。投打の両助っ人がそろって奮起し、久々に本拠地のファンが大きく沸いた。

 試合後の三浦大輔監督(47)はロメロについて「先制されたが、8回までよく踏ん張ってくれたと思う。あの(失点した3)回だけですから。力のあるボールでロメロのリズムで投げれた」とたたえた。そして決勝の逆転弾を放ったソトに関しても「だいぶ苦しんでいたが、いいところで一本が出た。チームにとっても良かった」と満足げな表情で振り返った。

 最後は「本当にホームで久しぶりの勝利。これで切り替えて、明日も頑張りたい」と白星に胸をなで下ろしつつ、8日からの本拠地中日3連戦に照準を向けていた。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ