【スターダム】なつぽい S・キッドに怒りの猛反論「お前の都合で全部が回ってねえぞ!」

2022年05月17日 22時00分

会見でニラみ合うなつぽい(左)とスターライト・キッド(東スポWeb)
会見でニラみ合うなつぽい(左)とスターライト・キッド(東スポWeb)

 女子プロレス「スターダム」の〝妖精〟なつぽいが、極悪軍団「大江戸隊」のスターライト・キッドに怒りの反論だ。

 28日の東京・大田区総合体育館大会では「ドンナ・デル・モンド(DDM)」の舞華、ひめかと保持するアーティスト王者として、「大江戸隊」のキッド、鹿島沙希、渡辺桃組の挑戦を受ける。

 先日、キッドから「最近、舞華、ひめかの2人と(DDMの)他のメンバーとで距離があるように見えるんだよね。とどめ刺しちゃうよ」と発言されていたなつぽいは〝不仲説〟を一蹴。

「正直、放っておいてくれっていう話なんですよ。3人で仲良くしている絵が今まで多かったかもしれないけど、それぞれ一人で考えごとをしていることもある。本当の友情は他の人たちには分からないだろうって思います。ずっと一緒にいればいいとは思わないし。今回のアーティストでも〝舞ひめぽい〟の本当の絆を見せつけたいと思います」と言葉に怒りをにじませた。

 もちろん言われてばかりでは収まらない。なつぽいは、最近のキッドの行動を疑問視。「大江戸隊の方が絆、大丈夫かな?と思いますね。沙希さんと桃さんといるより、(琉悪夏、吏南との)ヤングOEDで一緒にいることが多いと思うし。それで組み替えて簡単にアーティスト落として、また組み替えて挑戦してくるって」と指摘する。

 その上で「めっちゃ都合がいいんですよ! お前の都合で全部が回ってねえぞと言いたいです。たぶん、私のことがめっちゃうらやましいんだと思います。だから、私のものをいっぱい奪いたいんだと思うし。嫉妬ですね」と続けた。

 17日の調印式でもキッドから「舞ひめぽいさ、最近なんだかあまり結束力を感じない気がするんだよね」と挑発を受け、一触即発となったなつぽい。この落とし前はアーティスト王座戦でつける。

関連タグ: