大下剛史

大下剛史

東京スポーツ専属評論家。1944年11月29日生まれ。広島県出身。広島商高から駒大に進学。1年生からレギュラーとなり、64年東京五輪ではデモンストレーションとして開催された日米大学野球選抜試合に日本代表で出場した。66年ドラフト2位で東映入団。チーム名が日本ハムとなった74年には初代主将を務める。75年にトレードで広島に移籍。同年の球団初Vに貢献した。78年限りで引退。指導者転身後は「鬼軍曹」と恐れられ、山本浩二監督のもとで一軍ヘッドコーチを務めた91年にはリーグ優勝を果たした。現役通算成績は出場1310試合で1233安打、50本塁打、295盗塁。75年盗塁王。

大下剛史の最新ニュース

×