巨人・原監督大絶賛のドラ3・赤星優志が「桑田真澄の再来」と呼ばれる理由

2022年02月09日 05時15分

レジェンド投手と共通点を持つ巨人・赤星優志(東スポWeb)
レジェンド投手と共通点を持つ巨人・赤星優志(東スポWeb)

 意外と大化けするかもしれない。巨人のドラフト3位新人・赤星優志投手(22=日大)に大きな注目が集まっている。今キャンプは二軍スタートながら5日に一軍のブルペンで投球をお披露目すると原監督が「鹿取(義隆)さんみたいだね」と球団OBの名投手の名前を挙げて絶賛。それどころか、球界内では「桑田真澄の再来」との声まで上がっている。

 初めての〝一軍〟でも堂々としたものだった。5日に一軍の練習に初参加し、原監督が見守る中でブルペン投球を披露。「真後ろで見られていたので少し意識して、球にも若干力が入ったと思います」と緊張はあったようだが、69球を投じて制球力の良さをアピールした。

 見届けた原監督は「ストライクを取ることに全く不安はなさそうだね。ひょうひょうと、しかし力強く投げられる」と評価。さらには「鹿取さんみたいな感じだね」と、かつて巨人、西武で救援投手として755試合に登板し、91勝46敗131セーブを挙げたレジェンド右腕の名前を挙げて大絶賛した。

 安定感のある制球力だけでなく、最速152キロの直球も武器。スタートダッシュから上々の立ち上がりを見せた期待の新星だが、球界関係者からは「鹿取さんだけでなく、桑田さんと共通する部分もある」と桑田真澄投手チーフコーチ(53)の名前を挙げる向きもある。似ているのは「肩をつくる早さ」だという。

 実際、赤星は5日のブルペンでも、通常は10~20球ほど投げてから捕手を座らせて投げ始めるところ、わずか数球を投げてスタート。「ある程度先にキャッチボールなどをしていたので、それがあればある程度(早く肩をつくること)はできるかなとは思います」と、自身の特徴をアピールしていた。

 これこそがレジェンドとの共通点だ。「桑田さんも、試合前には無駄な球数は放らなかったと聞きます。キャッチボールなどで肩をある程度つくってゲームに入れるからこそ、あのタフさがあったのでしょう。赤星君にとっても大きな武器になるはずですよ」(前出関係者)

 起用法についてはまだ決まっていないが、救援陣に加わるようなら、スクランブル発進時の対応力は重宝される。赤星も「中継ぎってなった時にすぐに行けるっていうのは大きいと思う。それも1つの武器としてやっていきたいと思います」と前向きで、起用する側の首脳陣からすれば願ったりかなったりの存在だろう。桑田コーチの下、改革が進むG投手陣において「桑田の再来」として輝きを放つことができるか注目だ。

関連タグ: