楽天・田中将8年ぶりのキャンプ初日は別メニュー調整。7日に初ブルペンも

2021年02月06日 15時57分

別メニューでキャンプ初日を終えた楽天・田中将

 ヤンキースから8年ぶりに楽天に復帰した田中将大投手(32)が6日、沖縄・金武で行われている一軍キャンプに合流した。

 午前9時過ぎに同僚らとバスで球場入りした田中将は全体練習前に首脳陣やナインの前であいさつ。「7年間、一応アメリカで野球をやってきていろいろと経験したこともあるので、何か聞きたいことがあれば気軽に聞いてください」と話すと一斉に拍手が送られた。

 その後、田中将は他選手と別れ、サブグラウンドを中心に別メニュー調整を開始した。キャッチボールや70メートル程度の遠投を行った後、平地ながらブルペン捕手を座らせ変化球の確認。その後もランニングやダッシュなどで精力的に汗を流した。

 およそ3時間の練習を終え、報道陣に対応した田中将は久しぶりの古巣キャンプについて「別メニューではありましたが、チームのウエアを着るだけで緊張感というか。そういうものは変わる感じはありました」と笑みを浮かべた。

 米移籍後も毎オフ、仙台の球団施設を借りて自主トレを行っていたこともあり、キャンプ途中加入にも「不思議な感じはそんなになかった」。7日にはさっそくプルペンに入る予定だ。2月中の実戦登板に向けても「それはもちろん。投げていかないと間に合わないですから」と意欲をのぞかせた。

 メジャーにスムーズに溶け込んだ適応力の高さは健在だ。今後について問われると「自分の中でスケジュールは何となく立てている。もちろん最優先は自分の体やコンディションですが、調整の過程でいろいろなことが出てくる。実際にやっていく中で柔軟に、臨機応変にやっていきたい」と穏やかに語った。

 石井監督は田中将の合流に関し「状況把握はできていたが、こっちで動く姿を見て肩もしっかり仕上げてくれている。順調に入ってくれたと思います」とまずはホッとした様子。そのうえで「新人でもないし、キャリアも持っている。自分の体や調整段階は計算できる投手なので」と、今後の調整も本人に一任する方針を明かした。

関連タグ: