阪神・藤川 引退試合で万感の全球〝火の玉〟勝負!G坂本、中島連続三振で有終の美

2020年11月10日 21時28分

最後の登板を終え甲子園の虎党の声援に手を挙げて応えた藤川

 阪神・藤川球児投手が10日、自身の引退試合・巨人戦(甲子園)の9回に現役最後のマウンドに上がり、打者3人を空振り三振、空振り三振、二飛の三者凡退に抑え込んだ。

 4点ビハインドの9回、虎党には聞きなれたリンドバーグの登場曲が流れると、2万1392人の観客のボルテージは最高潮に。前日9日には「(涙を流すことは)多分ないですね。ファンの方の気持ちを大切にしながら現役生活を終えたい。見ている方に何かを感じてもらえれば」と語っていた火の玉守護神は、表情を変えることなくマウンドへ上がり、全盛期と遜色ない伸びのある直球で、坂本、中島、重信の3人に〝オール直球勝負〟を挑み、有終の美を飾った。

 直球の最速は149キロをマーク。万雷の拍手と球児コールに包まれながら一塁ベンチへ引き揚げると、右手を高々と上げ虎党へ応えた。