日本ハム・野村が自己最多の3試合連続適時打 7月の悪夢を払しょくだ!

2020年11月06日 19時30分

日本ハム・野村

 ジェームスが絶好調だ! 日本ハムの野村佑希内野手が6日、オリックス戦(京セラ)に「5番・三塁」で先発出場し、初回に3試合連続となる適時打を放った。

 1点リードの初回一死一、二塁で初打席を迎えた野村は、相手先発・宮城の投じた3球目、123キロのチェンジアップを捉えると、打球は左翼方向へ。その間に二塁走者・杉谷が生還し、貴重な追加点を獲得した。

 この一打で3日の西武戦(メットライフ)から、自己最多となる3試合連続適時打となった。今季の野村は大きな期待を受けながらも、シーズン中に長期離脱。この日プレーする京セラドームは守備で負傷し、7月からリタイアするきっかけとなった場所だが、その〝因縁の地〟での悪夢を一掃する快音を響かせてみせた。