「澤村さん、やっちゃったんすか」元巨人・笠原氏が飲酒トラブルで窮地の先輩へ思い告白

2019年05月11日 16時30分

澤村は笠原氏のアドバイスをどう聞くのか

 澤村さん、やっちゃったんすか――。巨人・澤村拓一投手(31)の飲酒トラブルについて、元巨人の笠原将生氏(28)が言及し、反響を呼んでいる。野球賭博に関与したとして2015年にNPBを無期失格処分となった笠原氏は、今年に入ってからユーチューバーとして活動を開始。今回、自身の「笠原チャンネル」で澤村への思いを激白した。澤村が以前にトラブルを起こした「六本木事件」にも触れており、注目が集まっている。

 今回、話題となったのは、9日にユーチューブの「笠原チャンネル」で公開された「【緊急収録】澤村拓一さん!! 俺は信じてますから!!」という動画。約10分の内容で、笠原氏が澤村への思いのたけをぶちまける内容となっている。

 澤村の飲酒トラブルが明らかになったのは、7日のこと。笠原氏の反応の早さもさることながら、その内容も澤村の飲酒にまつわるエピソードを随所に取り入れるなど、なかなか濃いものとなっている。

 動画の冒頭、巨人時代のユニホームを身にまとった笠原氏は「澤村さん、やっちゃったんすか!」「新宿の繁華街で泥酔してやらかしたんですか?」と呼びかけると「でも俺は信じていません」と続け、全体的には「先輩はそんなことをする人ではない」というトーンで進行。澤村とベロベロになるまで何度も飲んだ自身の経験から「絶対に理由がない限りは変なことを起こさない」「暴力を振るったりする人ではない」とした。

 実際、2015年に六本木のクラブで、澤村に暴行を受けた男性が、警視庁麻布署に被害届を出した「六本木事件」についても当時、事件を報じた東スポWebの記事を動画の中で引用しながら「自分も一緒にいた。殴ってはないです」と新証言。男性とのやりとりを再現しながら「暴行したっていうのはないです」と全面否定した。

 また、現役時代に澤村からもらったアドバイスや、澤村が1年間禁酒をしていた時のエピソードを披露。その上で「澤村さん、お酒はやめましょう」「やめてたころはメチャメチャ成績良かったです」と呼びかけた。さらには澤村の現在の投球フォームのワンポイントアドバイスまで…。巨人時代に何かとお世話になった先輩が、今回の事件によって窮地に陥ったことが、気になるようだ。

 それにしても笠原氏がユーチューバーとは意外な気もするが、手慣れた口調で動画を進行させていくさまは、ユニホームを脱いだ後、福岡で飲食店を開業したり、歌舞伎町でホストを経験したことなどが生かされているのかもしれない。

 10日の時点で「笠原チャンネル」の登録者は4万人以上。開設から10本の動画がアップロードされており、今回の動画はすでに18万回以上再生されている。最も多いのが第1回「【新事実】笠原将生が例の事件を語る!!」の42万回再生。上には上がいるユーチューバーの世界だが、今回大きな反響を呼んだように、笠原氏ならではの発信力で大成功する可能性も秘めている。

 NPB内部には笠原氏の転身に、眉をひそめる人たちや、いつ爆弾発言が飛び出すのかとヒヤヒヤしている人たちもいるだろうが…。澤村がどういう反応を見せるかも気になるところだ。