オリオールズからフリーエージェントになっている藤浪晋太郎投手(29)とオリックス・森友哉捕手(28)が、9日、大阪・堺市のくら寿司スタジアムで行われた野球教室「夢道場」に参加。投打で活躍する2人に野球を教わろうと小学5・6年生の子ども約150人が集まった。

 大阪桐蔭でバッテリーを組み、2012年に甲子園で春夏制覇を成し遂げた2人。初めてタッグでの野球教室開催となり、藤浪は「地元でできるのはうれしいですし、これまでやることがなかったので、チャンスをもらえてありがたいです。めったにない機会なので、野球振興をしていくいいきっかけにしたいです」と話すと、森は「しゃべりすぎやで(笑い)いや、おんなじです」とツッコミ。

 さらに藤浪が野球教室について「子どもの時に野球教室やプロの選手に教えてもらったことは、大人になっても覚えてますし、そういう楽しい思い出にしてもらえれば」としつつ「清原さんや桑田さんの『42年会』の野球教室があった時に、教えてもらったのは覚えています」と振り返ると、森は「質問なんでしたっけ。長くしゃべりすぎやねん」と笑いながら指摘。「藤浪さんの言う通り、技術どうのこうのより、楽しんでやってもらえれば」と続けていた。