日本ハム・杉谷拳士内野手(31)が28日、現役引退を発表し会見を行った。

 会見で杉谷は「プロ野球選手・杉谷拳士を卒業して、新たな人生を前進していくことに決めました。これまで僕に関わってくれた全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。これからは北海道のみならず、全国の野球ファンに恩返しができるように、力をつけたいと思います。14年間本当にありがとうございました」とコメントした。

 帝京高から入団テストを経て2009年のドラフト6位で入団した杉谷は通算777試合に出場し打率2割1分2厘、16本塁打、104打点、50盗塁を記録した。

 レギュラー定着こそならなかったが、19年5月に左右両打席で本塁打を放つなど印象的な活躍が目立ち、記録より記憶に残る栗山政権期のムードメーカーだった。