【スターダム】詩美先輩に続け! 〝スーパールーキー〟天咲光由がスピード初戴冠に気合

2022年08月04日 06時15分

フューチャー王座に挑戦する天咲光由(東スポWeb)
フューチャー王座に挑戦する天咲光由(東スポWeb)

 女子プロレス「スターダム」のスーパールーキー・天咲光由(20)が、初のタイトル取りに燃えている。

 7月31日大田区大会のガントレットタッグマッチでフューチャー王者・羽南(17)を破り、21日の愛知・ドルフィンズアリーナ大会で同王座に挑戦する。

 初の大舞台に向け天咲は「今までチャンスをもらってきて、それを自分のものにしてきたっていう自信がある。スターダムのてっぺんに咲くためにフューチャーのベルトが必要だと思う」と力強いまなざしで語った。

 王座取りに成功すれば、3月11日のデビューから、5か月と10日での初戴冠となる。スターダムでは同じ「クイーンズ・クエスト(QQ)」に所属する林下詩美(23)が、2018年8月のデビューから3か月でゴッデス王座を奪取。さらに19年1月にフューチャー王座獲得と、驚異的な記録をつくった。

 スピード記録では及ばないものの、天咲は「デビュー戦が詩美さんだったので意識する部分があって」と大きな刺激を受けている。しかも、QQの詩美やAZMは目標であると同時に、普段は悩みを打ち明けることができる頼れる先輩だ。

「プロレスの相談も多いけど、大きい仕事が入った時、QQのイメージ、自分がどうしたいかとか。話を聞いてくれて同意してくれて、アフターケアまでしてくれるカウンセラーみたいな存在でもあります」

 そんな先輩に追いつくために日々奮闘中で、現在は今ある技を丁寧に決めることに集中しているという。「いつかスターダムの大会は全部自分のものにしていきたい」と豪語する20歳が未来への扉を開く。

関連タグ: