広島・林が契約更改 初のアップに「プロ野球選手になったなという気持ち」

2021年11月29日 15時14分

会見を行った林(代表撮影)
会見を行った林(代表撮影)

 初のアップに笑顔がはじけた。広島の林晃汰内野手(21)が29日、マツダスタジアムで契約更改に臨み、900万円増の年俸1500万円でサインした。

 林は3年目の今季は昨年の4試合から102試合へと出場試合を大幅に増やした。規定打席には到達していないものの打率2割6分6厘、10本塁打、40打点の成績だった。

 若ゴイは「1年間戦うというのは本当に大変だなと思った」と振り返り「来年はしっかり1年間戦えるように頑張っていきたいなと思います」と話した。

 4年目の年俸が上がることに「初めてお給料が上がるのでプロ野球選手になったなという気持ち」と笑顔を見せた。増加分の使い道は「あんまり考えていないです」とはにかみながら答えた。(金額は推定)

関連タグ: