中日が練習再開 後半戦の逆襲誓う京田「かなり足を引っ張っているので」

2021年07月18日 21時21分

練習で課題克服に取り組んだ中日・京田(右)
練習で課題克服に取り組んだ中日・京田(右)

 中日は18日、ナゴヤ球場で全体練習を行った。30度を超える猛暑の中、ナインはロングティーなどで汗を流した。

 8月13日の巨人戦(東京ドーム)で後半戦がスタートするまで約1か月の五輪ブレーク期間となるが、選手会長の京田陽太内野手(27)は「前半戦悔しい数字で終わったので、何とか後半戦で巻き返せるように。1人1人がやることはわかっていると思うので、そういう1か月にしたいと思います」と気合十分。

 5月28日にプロ5年目にして初の二軍落ちを経験しただけに「ファームに落ちた期間を無駄にしないよう、何とかチームの勝利に貢献できるようにやっていきたい。かなり足を引っ張っているので後半戦で巻き返せるように頑張りたいと思います」と逆襲を誓った。

関連タグ:

ピックアップ