阪神・秋山は6回途中勝ち投手の権利を持って降板 ソロ3発被弾に「簡単に打たれすぎ」

2020年10月11日 16時45分

オースティンに一発を浴びた秋山

 阪神・秋山拓巳投手(29)が11日のDeNA戦(甲子園)に先発登板。5回1/3を投げ6安打3失点の内容で、勝ち投手の権利を手にして、マウンドを後続に譲った。

 佐野、オースティン、ロペスにソロアーチ3発を被弾。それでも大崩れすることなく先発として最低限の仕事を果たした。

 しかし、本人は「自分にとって有利なカウントをつくることができなかった。相手の外国人選手も調子がいい中で、ソロホームランであれば大丈夫だという気持ちで投げていましたが、簡単に打たれすぎてしまいました」と反省の弁に終始。次戦での巻き返しを固く誓った。