広島・長野が巨人・菅野から本塁打で〝両軍ファンがお祭り騒ぎ〟の珍現象

2020年09月22日 20時56分

菅野から初アーチの長野はベンチでこの表情。本当にうれしそうだ

 広島・長野久義外野手が22日の巨人戦(東京ドーム)で古巣の後輩エース・菅野智之から放った一発に両軍ファンから一斉に歓声が起こる珍現象が起きている。

 劇弾が生まれたのは2点ビハインドの4回。二死一、三塁で第2打席を迎えた千両役者が慣れ親しんだドームでまばゆい輝きを放った。カウント2―1から甘く入った外角スライダーを見極めて一閃。左翼席前列に吸い込まれる一時逆転の5号3ランとなった。

「打ったのはスライダー。2アウトから誠也と松山がチャンスをつくってくれたのでかえすことができて良かったです」


 長野にとっては、これが12球団からの本塁打達成となる節目の一発。しかも後輩エースとはこの日が移籍後、念願の初対戦だった。直後の5回に岡本の2ランで再逆転を許したが、巨人時代から絶大な人気を誇る男の劇的アーチに、ネット上は両軍ファンが入り乱れてお祭り騒ぎに。

「長野さんに打たれて菅野の連勝が止まるなら、G党として本望」といった声から始まり、岡本の本塁打が飛び出すと「ちょーさんが打って、岡本で逆転。巨人ファンとしてこれ以上ない展開」と歓喜の声が上がった。また一部には「『対戦したい』と話していた菅野からホームラン。泣ける。エモい…」と感傷に浸るファンも…。

 一方の鯉党からは「長野さん、広島に来てくださってありがとうございます」「原監督に倍返ししましょう!」などの声が集まっている。