戦線離脱の「282発男」ジョーンズ 〝致命的欠陥〟オリ以外は知っていたのか

2020年09月19日 06時15分

腰の違和感で登録抹消となったオリックス・ジョーンズ

【デスクと記者のナイショ話】

 デスク オリックスのアダム・ジョーンズ外野手(35)が17日についに登録抹消になったな。

 オリックス担当記者 ここまで70試合に出場して打率2割5分5厘、10本塁打、35打点と物足りず、16日の楽天戦には腰の張りを訴えてベンチを外れていました。最近は全力疾走もままならない状態になっていたので…。

 デスク チーム内での評判はどうなんだ?

 記者 真面目に練習するし、悪くないですよ。ただ逃げるボール球を踏ん張れずにチャンスに三振したり、併殺に倒れるケースが多くて…。日本人投手の対応に時間がかかっている間に足腰を悪くしてしまい、チーム関係者も「全然怖さがない。今年はこんなもんなんじゃないのか」と当初の期待感はありませんね。

 デスク しかし、メジャー282本塁打の「本物」がなんでこうなるんだよ。

 記者 福良GMが中心となって獲得したときから「なんであれだけの大物をオリックスが一本釣りできたんだ?」と言われていました。もちろん、年齢的な問題はあったと思いますけど、メジャー関係者の中には「実績を考えたら国内球団で競合しないのはおかしい。下半身の状態が良くないことをヨソは知っていたから手を出さなかったんじゃないか」と見方もあります。

 デスク このままでは終われないな。

 記者 2年総額8億円プラス出来高2億2000万円(推定)ですし、フロントは相変わらず活躍を信じて疑わないですよ。終盤からでも実力を見せつけて来季につなげてほしいですが…。