中日が阪神に逆転負け 与田監督「采配ミスと書いてもらって構わない」借金は今季最多の「8」

2020年07月24日 23時10分

負けてファンに挨拶する与田剛監督(右)と伊東勤ヘッドコーチ

 中日が24日の阪神戦(ナゴヤドーム)に2―5で逆転負けした。

 継投が完全に裏目に出た。1点リードの7回から3番手としてマウンドに送った谷元が大誤算。3連続四球で一死満塁のピンチを招くと、与田監督はたまらず岡田をマウンドへ。だが北條の打球は前進守備のレフト・福田の頭上を越えていく走者一掃の逆転適時二塁打。続くサンズにも中前適時打を浴びて「何とか谷元さんのカバーをしたかったんですけれど…。自分の力不足です」と岡田は肩を落とした。

 5回1失点の先発・大野雄は「初回に30球を投げてしまい球数が多くなってしまった。次回以降もっと長いイニングを投げられるようにしたいです」と悔やんだが、開幕から6試合先発していまだ0勝。昨年の最優秀防御率投手がトンネルからなかなか抜け出せない。

 北條の逆転打が飛び出した場面、一死満塁で外野を前進させていたことについて、与田監督は「あれが例えば速い打球でゴロが抜けたときにアウトにできたらそういう質問にはならないと思う。あれが定位置にいたらどうだったのか、それは我々にはわからないけど、結果的に前に来て頭を越されて点が入っているわけだから、それは結果論として采配ミスと書いてもらって構わない」と語った。これで首位・巨人とは9ゲーム差。借金は今季最多の8に膨らんだ。何とか逆襲のきっかけが欲しいところだ。