レッズ・秋山翔吾 新型コロナウイルス感染拡大防止へ寄付

2020年05月05日 16時00分

 今季から米大リーグ・レッズへ移籍した秋山翔吾外野手(32)が5日、新型コロナウイルス感染症拡大防止活動基金を通じて寄付を行ったことを発表した。寄付金額は非公表としている。

 秋山は所属事務所を通じて「このたび、新型コロナウイルス感染症拡大防止活動基金を通じて寄付させていただきましたことを皆さまにご報告させていただきます。緊急事態宣言延長となった今、医療機関、医療従事者の皆さまのお力をお借りし、たくさんの方々が通常の生活、経済活動が一日でも早く戻るよう取り組んでおられると思います。この寄付金を活用していただき、また皆さまの日常生活が戻ったのちに、日米のプロ野球をお楽しみいただきたいと願って僕も準備していきたいと思います」とコメントを発表した。

 秋山は現在、シンシナティにいる家族と離れ、ロサンゼルスに滞在しながらシーズン開幕に向けたトレーニングを行っている。