女子プロレス「スターダム」の〝ブラック・ピーチ〟こと渡辺桃(23)が、ゴッデス王座取りへ舌なめずりだ。

 29日の東京・両国国技館大会では刀羅ナツコとの「大江戸隊」コンビで、同王者の林下詩美&上谷沙弥に挑戦する。

 9日の大阪大会では8人タッグ戦で刀羅、渡辺、スターライト・キッド、琉悪夏の大江戸隊は、詩美、上谷、AZM、天咲光由の「クイーンズ・クエスト」と対戦。刀羅と詩美のラリアートが交錯すると、渡辺と上谷も激しい攻防を展開した。

 混戦が続く中、均衡を破ったのは大江戸隊だ。渡辺がバットで詩美を殴打すると、刀羅のエルボーから渡辺のハイキックにつなぎ排除。最後は渡辺のピーチサンライズ(変型猛虎原爆)が上谷に決まり、王者組から直接の勝利を奪った。

上谷(左)を挑発する渡辺
上谷(左)を挑発する渡辺

 渡辺は「お前らもしっかり見たよな? 私がチャンピオンからしっかりスリーを取ってんだよ。これで文句言えねえよな? 両国、お前のベルトの取るのはこっちだ」と観客をあおりながら不敵な笑み。

 上谷が「私たちが絶対に勝って、大江戸隊にとって最後のゴッデス挑戦にさせてやるよ」と応戦してもひるまなかった。

 渡辺は「ベルトだって、行きたい場所があるんだよ。お前らも見たらわかるだろ? どこにベルトがあるのがふさわしいのかってことが」と観客に問いかけるや「楽しみにしとけよ、クソチャンピオンども!」とピシャリ。5月に当時の王者MIRAI&壮麗亜美に挑戦して以来となる渡辺&刀羅が、今度こそ戴冠を成し遂げるのか。