広島からFA移籍した西川龍馬外野手(28)が1日、大阪市内のホテルで入団会見に臨んだ。4年総額12億円(推定)で背番号は「7」に決まった。西川は「今日でオリックスの一員になれた。不安の方が大きいけど、それをプレッシャーに感じてやりたい。果たしてちゃんとできるのか、対戦の少ない投手が多いので対応できるのか」としながらも「自分のイメージではパ・リーグはパワーピッチャーが多い。今までやってきたことがどれだけ通用するのか。興味があった。来季から4連覇を目指していきたい」と意気込みを語った。

 敦賀気比の先輩でもあるOBの吉田正尚(レッドソックス)の背番号を引き継ぐ。「7番は重たい。しっかり成績残さないといけないな、と思います」。すぐに吉田に連絡すると「頑張りや」と激励されたという。

 オリックスについては「細かい野球をする印象。中嶋監督は先々を考えながら采配し、選手起用がうまい。選手同士は切磋琢磨しながらやるときはやるし、仲がいい。意外とカープに似てるなと思う」と印象を口にした。実家も京セラドームのおひざ元とあって「小さいころからよく行っていた。なかなか地元にプロ球団があることはない。帰ってこれたんでやってやるぞ、という気持ち。楽しんでやりたい」と明るい表情を見せた。

 今季は109試合でリーグ2位の打率3割5厘、9本塁打、56打点。福良GMも「得点力アップと外野の固定を考えると合致したのが西川君。天才的なバットコントロールを持っている。どんな役割もできるので監督もいろんな選択肢ができる」と期待を寄せる。山本、山崎福が抜けて戦力ダウンが心配される投手力を打線の得点力アップで補っていく。

「連覇して自分が来て逃せば〝俺が来たからや〟と言われかねない。そうならないよう結果で示したい」。広島の天才打者が4連覇への使者となる。