DDT11月12日両国国技館大会で現役を引退する赤井沙希(36)のラストマッチが5日に発表された。

 赤井の引退試合は6人タッグマッチで行われる。パートナーには現在KO―D6人タッグ王座を保持する坂口征夫と岡谷英樹が決定。対戦相手は樋口和貞、東京女子プロレスの山下実優、さらにプロレスリングノアの丸藤正道が名前を連ねた。

 6選手が揃ったこの日の会見で赤井は「引退会見でも『枯れて朽ちていく花ではなく、美しいまま散る花でいたい』と申していましたけど、この対戦相手の3人はまさしく散らせてくれる。そんな勢いのある3人だと思っています」と対戦相手を選んだ理由を説明した。最初で最後の対戦となる丸藤は同じサイバーファイトグループのノアを象徴する存在。「自分はプロレスラーである限り、ラストマッチまで強くあり続けたいと思っていますので、隣の家の親分をぶっ飛ばしてみたいと思っております」と闘志を燃やした。またパートナーがイラプションの盟友・坂口と岡谷となったことには「自分がつらい時も、しんどい時も、うれしい時も隣にいて支えてくださった、一番信頼しているこの2人に立ってほしいと思ってお願いしました。プロレスラーである限り、全力で走り抜けようと思っています」と心境を明かした。

 タレント業との二足のわらじを履き2013年8月にプロレスデビューしてから10年。「もちろん美しく散りたいと思いはありますが、美しさというのは人それぞれであって。造形がキレイな状態というよりも、命をかけてすべてをやりきった姿を見せたいなと思ってます。1ミリも体力がないくらい全部出しきって、最後にイラプションの3人でリングに立っている姿をお見せしたいです」と誓った赤井が、最後の戦いに向かう。