新日本プロレス9日両国国技館大会で「FRONTIER ZONE」と銘打たれた第0試合が行われることが3日に決定した。

 同戦は他団体勢に門戸が開かれた10人タッグマッチ。DDTから正田壮史と須見和馬、フリーの拳剛と政岡純、イーグルプロレスリングの香取貴大の5選手がチームを結成して出場する。22歳のホープ・正田はSNSで「俺が一番で、DDTの未来を表現することができる」と新日本マット参戦に腕をぶした。

 これを迎え撃つのはYOSHI―HASHI、矢野通、YOH、タイガーマスク、田口隆祐の本隊・CHAOS混合チーム。個性豊かなメンバーが揃ったダークマッチとして注目を集めそうだ。