アスカがWWE女子タッグ王座奪取で2冠王! 新パートナーはまさかの女王様シャーロット!

2020年12月21日 11時12分

アスカのパートナーはまさかの女王様シャーロット・フレアー(右)だった。アスカは2冠王に(©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
アスカのパートナーはまさかの女王様シャーロット・フレアー(右)だった。アスカは2冠王に(©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【フロリダ州セントピーターズバーグ20日(日本時間21日)】WWE年内最後のPPV大会「TLC」が開催され〝女帝〟ことロウ女子王者のアスカ(39=華名)がWWEタッグ王者の巨女ナイア・ジャックス(36)、シェイナ・ベイズラー(40)を撃破。何と〝女王様〟シャーロット・フレアー(34)との新コンビで女子2冠王となった。

 パートナーの〝最弱〟ラナ(35)は、先週のロウ大会で王者組に痛めつけられて病院送りとなり、負傷欠場が発表された。元アイコニックスのビリー・ケイ(31)が売り込みに来るも女帝はサッサと追い払う。結局、アスカは相棒不在のまま決戦のゴングを迎えてしまった。

 先に登場したのは王者組。アスカが登場した直後、場内にシャーロットのテーマが鳴り響いたから、場内の歓声は大爆発だ。実に約半年ぶりの復活。アスカは笑顔で女王様とハイタッチを交わした。

 王者組は焦りを隠せずアスカに狙いを絞り込む。腕攻めに耐えたアスカが女王様に交代すると、シャーロットはナイアに父親の〝狂乱の貴公子〟ことリック・フレアー(71)ばりの逆水平。さらにはコーナーから場外への華麗なムーンサルトで敵軍を蹴散らした。 

 さらにはシェイナにフィギュアエイト(ブリッジ式足4の字固め)。最後は必殺のナチュラルセレクション(サマーソルト式回転カッター)で3カウントを奪った。バックステージのモニターでは、父フレアーが歓喜の表情で勝利の瞬間を見守った。 

 2人はコーナーに立ってベルトを誇示。あまりに突然誕生した〝女帝女王様コンビ〟は一気にWWE女子戦線のトップに立った。

【関連記事】

 

ピックアップ