ソフトバンク松田宣 頭部死球で退場も「大丈夫」

2020年06月02日 21時14分

8回、頭部に死球を受けた松田

 ソフトバンクの松田宣浩内野手(37)が2日、オリックスとの練習試合(京セラドーム)で頭部に死球を受けて途中交代した。

 8回二死一塁、オリックス・鈴木優投手(23)の144キロがヘルメットの左側頭部付近を直撃。倒れ込んだ松田宣は数秒で立ち上がると「大丈夫」と発してベンチ裏へ下がった。代走にルーキー・柳町が送られた。鈴木優は危険球退場となった。