マエケン 動画で視聴者の質問に答えた「トイレ掃除で運気上げる」

2020年04月14日 11時30分

前田健太(ロイター=USA TODAY Sports)

【ロサンゼルス発】ツインズの前田健太投手(32)が13日(日本時間14日)に自身のユーチューブチャンネル「マエケンチャンネル」の登録者が10万人を突破したことを記念し、視聴者の質問に答える動画を更新した。ツイッターやインスタグラムで事前に募集した質問に約15分間で丁寧に答えた。前田はマエケンチャンネルを2月25日(同26日)に開設した。なぜ、ユーチューブを始めたかと問われると「プロとアマチュアの壁を超え、良い情報を発信したい。観てくれている人に少しでも役に立てたらなと思って始めました」。

 野球選手はそれぞれ独自のルーティンを持っている。ルーティンが守れなかった時はどうするかと聞かれると「間違えたところから戻る」。

 マエケンのあだ名の由来については「カープに入った時に前田智徳さんがいた。学生のころは健太と呼ばれていたが、栗原健太さん、佐竹健太さん、玉山健太さんという方もいて、マエケンと呼ばれることになったが、新聞でいきなりマエケンって出て知った」と明かした。憧れの選手の質問には「子供のころは桑田真澄さん(元巨人)、松坂大輔さん(西武)、今はダルビッシュ有さん(カブス)。かっこいいし」と答えた。ファンなら気になる1番のライバルには「田中将大」と同級生のヤンキースの右腕を指名した。

 運気の上げ方について問われると「トイレ掃除したり、ゴミ拾いしたり」。得意な絵は「なんでも得意。なんでも描ける!」と胸を張った。この他にサッカー選手を夢見ていたこと、野球を始めたきっかけなど、意外な一面から納得の答えまでマエケン情報がふんだんに含まれている。