【センバツ】大阪桐蔭が大会新の通算11本塁打で4年ぶり4度目V 西谷監督「発展途上です」

2022年03月31日 16時00分

優勝した選手たちを見守る大阪桐蔭・西谷監督(東スポWeb)
優勝した選手たちを見守る大阪桐蔭・西谷監督(東スポWeb)

 怒とうの強さでセンバツを制した。第94回選抜高校野球大会(甲子園)は31日に決勝戦を迎え、大阪桐蔭が近江(滋賀)を18―1で下し、4年ぶり4度目の優勝を果たした。

 初回から相手のミスにも突け込み、谷口勇人(3年)の右前適時打で先制。2点リードの3回には松尾汐恩(3年)の2ランが飛び出し、マウンドの相手エース・山田をマウンドから引きずり下ろすと、田井志門(3年)も2番手・星野からバックスクリーンへソロアーチを叩き込んで3得点を奪った。

 その後も攻撃の手を緩めず6―1とした6回にも海老根優大(3年)の3ランなどで4点を追加。さらには7回に2本の適時打、8回にも初回の先制弾に続いて谷口がグランドスラムをバックスクリーンへ放り込み、それぞれ両イニングで4点ずつ加えた。終わってみれば、4本塁打を含む16安打18得点。今大会の通算本塁打数も11本(伊藤2、松尾2、海老根2、星子1、谷口2、工藤1、田井1)とし、清原和博、桑田真澄を擁した1984年のPL学園の8本を超え、大会記録を大きく塗り替えた。

 投げては先発左腕・前田悠伍(2年)が7回を2安打1失点の好投。投打で近江を圧倒し、頂点に立った。

 春夏合わせての日本一はこれで9度目。昨秋大阪大会から近畿大会、神宮大会を経て負けなしの20連勝となった。自身にとっても甲子園通算61勝目で今大会の有終の美を飾った西谷浩一監督(52)は試合後に「(近江の)山田くんが(準決勝で左足を負傷し)万全でない状態でのゲームになったが、苦しい中で魂を込めて投げている中で、それに絶対負けずにこちらもいこうと。今日は粘り強く戦ってくれたと思う」とコメント。その後は「昨年の夏(の甲子園の2回戦)で近江高校さんに負けて、このチームはそこからスタートした。昨年の先輩たちにいい報告ができると思っている」とも続け、目を細めた。
 そして「今年のチームは一生懸命やる子たちが多く、いいチーム。いいチームから少しずつ強いチームに変わっていっている」とし「発展途上ですので春の山を下りて、しっかりと夏にもっと強いチームになってここに戻って来たい」と力強い言葉で締めていた。

関連タグ: