ソフトバンクの柳田悠岐外野手(35)が9日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5000万円ダウンの年俸5億7000万円プラス出来高払いでサインした。2019年オフに変動制の7年契約を締結。来季が長期契約の5年目となる。

 今季は9年ぶりに全試合出場をクリアし、163安打で最多安打のタイトルを獲得。打撃主要部門は85打点がリーグ2位、打率2割9分9厘が同3位、22本塁打が同5位だった。

 減俸となったが「4年間の総合評価なので。すべての数字で納得していないので」と潔かった。ダウン幅については「少しなのか、がっつりなのか、そこは個人の感覚なんで…」と意に介さなかった。

 36歳を迎える新シーズンへ「すべての数字を上回りたい」と意気込んだ野手最年長は4年ぶりのリーグ優勝、日本一奪回に向けてフル回転を誓った。(金額は推定)