ソフトバンクの野村大樹内野手(23)が6日、福岡市内で契約更改交渉に臨み、120万円アップの年俸1070万円でサインした。今季は自己最多の41試合に出場し、8月22日のロッテ戦(ZOZOマリン)では待望のプロ初アーチをマーク。会見では「上げていただいてうれしかった。球団からは『代打でワクワクさせてくれる選手だった』と言ってもらった」と表情を緩ませたが、満足のいくシーズンではなかった。

 チームの積年の懸案である「右の代打」として期待された今季、野村大にとって最も悔しい結果となったのが得点圏打率1割5厘という数字。勝負根性を売りにしてきた23歳は来季の逆襲を誓い、「小久保監督から『お前は近づいて打ったら打てるんやから、逃げるな!』と言っていただいた。監督の起用にしっかり応えられる選手でありたい」と気合を入れた。

 愛妻家の野村大は「上がった分で奥さんのクリスマスプレゼントを買いたい」と優しい笑顔も見せた。「野球界に入ってくる選手は、自分よりも年下の選手がほとんど。来年は、1年間充実してやり切ったというシーズンにしたい」。濃い野球人生を送るためにも、来季は運命を左右すると言っても過言ではない。

 オフは球団OBの松田宣浩氏が主催する宮崎での合同自主トレに参加予定。目線のブレを減らし、打球に角度をつけることをテーマに打撃フォームの改造に取り組む。地位を築く大事なプロ6年目が待っている。

(※金額は推定)