DeNA・関根大気外野手(28)が4日に自身のX(旧ツイッター)を更新し、物議を醸している発言について釈明した。

 3位のDeNAはこの日から首位阪神との本拠地3連戦。一時はリードするも8回に逆転を許し、2―5で敗れた。関根は途中出場で安打を放ち、10年目で初のシーズン100安打に到達した。

 試合後、ベンチに引き揚げるDeNAナインにスタンドからヤジが飛ばされた。これに関根がすかさず「帰れ、お前!」と応戦。このワンシーンがテレビ中継で映されてしまい、ネット上で賛否を呼んでいた。

 関根はこの発言の意図を「チームメイトは家族。家族に対して棘のある言葉が多く降り注がれた時に僕は申し訳ないですが、この行動となりました」と説明。

 その上で「勝ちを掴めなかった事実、貢献できていない自分の事実は日々反省します。勝つ確率を上げるために僕自身ができること、成長出来るよう明日も野球に取り組みます」とつづった。