• 文字サイズ

東スポWebトップ > 東京スポーツ プロレス大賞 > 東京スポーツ プロレス大賞(2010~)

東京スポーツ プロレス大賞(2010~)


2010年プロレス大賞

選考経過:
杉浦貴(プロレスリング・ノア)がデビュー10年のメモリアルイヤーで一気にプロレス界の頂点に駆け上がった。2009年12月にGHCヘビー級王座を獲得してから1年間、体を張って王者の責務を果たした。後藤洋央紀、真壁刀義、髙山善廣、秋山準、潮崎豪、そして森嶋猛。並み居る強豪を退けてきた防衛ロードは、どの試合を挙げてもベストバウト級の呼び声が高く、他の候補に圧勝した。

最優秀選手賞=MVP 杉浦貴(プロレスリング・ノア)
年間最高試合賞=ベストバウト プリンス・デヴィット&田口隆祐vs.飯伏幸太&ケニー・オメガ(IWGPジュニア・タッグ選手権=10月11日 両国国技館)
殊勲賞 諏訪魔(全日本プロレス)
敢闘賞 小島聡(フリー)
技能賞 カズ・ハヤシ(全日本プロレス)
最優秀タッグチーム賞 中西学&ストロングマン(新日本プロレス)
新人賞 岡林裕二(大日本プロレス)
女子プロレス大賞 高橋奈苗(スターダム)
東京スポーツ50周年特別功労賞 アントニオ猪木
特別功労賞 ラッシャー木村、山本小鉄、ジョー樋口、星野勘太郎

2011年プロレス大賞

最優秀選手賞=MVP 棚橋弘至(新日本プロレス)2度目
年間最高試合賞=ベストバウト タッグマッチ60分1本勝負
(8月27日、東日本大震災復興支援チャリティープロレス「ALL TOGETHER」東京・日本武道館)
小橋建太(ノア)、武藤敬司(全日本プロレス)組 X 矢野通(新日本プロレス)、飯塚高史(新日本プロレス)
殊勲賞 秋山準(ノア)3度目
敢闘賞 永田裕志(新日本プロレス)2度目
望月成晃(ドラゴンゲート)初受賞
技能賞 KENTA(ノア)初受賞
最優秀タッグチーム賞 関本大介(大日本プロレス)、岡林裕二(大日本プロレス)組 初受賞
新人賞 鈴川真一(IGF)
女子プロレス大賞 愛川ゆず季(スターダム)初受賞
レスリング特別表彰 小原日登美(自衛隊)  トルコ世界選手権48キロ級優勝(8度目)
吉田沙保里(ALSOK)トルコ世界選手権55キロ級優勝(10度目)
伊調馨(ALSOK)  トルコ世界選手権63キロ級優勝(9度目)

2012年プロレス大賞
最優秀選手賞=MVP オカダ・カズチカ(新日本プロレス)初受賞
年間最高試合賞=ベストバウト IWGPヘビー級選手権
(6月16日、大阪・ボディーメーカーコロシアム)
棚橋弘至 X オカダ・カズチカ(新日本プロレス)
殊勲賞 森嶋猛(ノア)初受賞
敢闘賞 アブドーラ小林(大日本プロレス)初受賞
技能賞 中邑真輔(新日本プロレス)初受賞
最優秀タッグチーム賞 大森隆男、征矢学(全日本プロレス)組 初受賞
新人賞 橋本大地(ゼロワン)
女子プロレス大賞 愛川ゆず季(スターダム)2年連続2回目
レスリング特別表彰 【女子】吉田沙保里(ALSOK)ロンドン五輪55キロ級金メダル(11度目)
小原日登美(自衛隊)ロンドン五輪48キロ級金メダル、カナダ世界選手権55キロ優勝(9度目)
伊調馨(ALSOK)ロンドン五輪66キロ級金メダル(10度目)
【男子】米満達弘(自衛隊)ロンドン五輪66キロ級金メダル(2度目)
東京スポーツ新聞格技振興財団特別賞 吉田沙保里(ALSOK)国民栄誉賞受賞祝賀

2013年プロレス大賞
最優秀選手賞=MVP オカダ・カズチカ(新日本プロレス)2年連続2度目
年間最高試合賞=ベストバウト G1クライマックスBブロック公式戦(30分1本勝負)
(8月4日、大阪・ボディーメーカーコロシアム)
中邑真輔 X 飯伏幸太
殊勲賞 KENTA(ノア)初受賞
敢闘賞 関本大介(大日本プロレス)初受賞
技能賞 吉野正人(ドラゴンゲート)初受賞
最優秀タッグチーム賞 マイキー・ニコルス、シェイン・ヘイスト(TMKD=ノア)組 初受賞
新人賞 竹下幸之介(DDT)
女子プロレス大賞 里村明衣子(センダイガールズ)初受賞
レスリング特別表彰 登坂絵莉(至学館大)ハンガリー世界選手権48キロ級優勝(初受賞)
吉田沙保里(ALSOK)ハンガリー世界選手権55キロ級優勝(12度目)
伊調馨(ALSOK)ハンガリー世界選手権63キロ級優勝(11度目)
特別功労賞 小橋建太

2014年プロレス大賞
最優秀選手賞=MVP 棚橋弘至(新日本プロレス)3年ぶり3度目
年間最高試合賞=ベストバウト G1クライマックス優勝決定戦
(8月10日、埼玉・西武ドーム)
オカダ・カズチカ X 中邑真輔
殊勲賞 石井智宏(新日本プロレス)初受賞
敢闘賞 大仁田厚(大仁田厚プロレスリング)初受賞
技能賞 B×Bハルク(ドラゴンゲート)初受賞
最優秀タッグチーム賞 杉浦貴(ノア)、田中将斗(ゼロワン)組 初受賞
新人賞 赤井沙希(DDT)
女子プロレス大賞 該当者なし
レスリング特別表彰 登坂絵莉(至学館大)ウズベキスタン世界選手権女子48キロ級優勝(2度目)
吉田沙保里(ALSOK)ウズベキスタン世界選手権女子53キロ級優勝(13度目))
浜田千穂(日体大)ウズベキスタン世界選手権女子55キロ級優勝(初授賞)
伊調馨(ALSOK)ウズベキスタン世界選手権女子58キロ級優勝(12度目)

2015年プロレス大賞
最優秀選手賞=MVP オカダ・カズチカ(新日本プロレス)2年ぶり3度目
年間最高試合賞=ベストバウト 11月15日、東京・両国国技館
オカダ・カズチカ X 天龍源一郎
殊勲賞 鈴木みのる(パンクラスMISSION)初受賞
敢闘賞 岡林裕二(大日本プロレス)初受賞
技能賞 本間朋晃(フリー)初受賞
最優秀タッグチーム賞 大仁田厚(大仁田厚プロレスリング)、長与千種(マーベラス)組 初受賞
新人賞 該当者なし
女子プロレス大賞 紫雷イオ(スターダム)初受賞
レスリング特別表彰 登坂絵莉(至学館大)ラスベガス世界選手権女子48キロ級優勝(3度目)
吉田沙保里(ALSOK)ラスベガス世界選手権女子53キロ級優勝(14度目))
伊調馨(ALSOK)ラスベガス世界選手権女子58キロ級優勝(13度目)

2016年プロレス大賞
最優秀選手賞=MVP 内藤哲也(新日本プロレス)初受賞
年間最高試合賞=ベストバウト 7月18日、北海道立総合体育センター・北海きたえーる
丸藤正道 X オカダ・カズチカ
殊勲賞 宮原健斗(全日本プロレス)初受賞
敢闘賞 中嶋勝彦(プロレスリング・ノア)初受賞
技能賞 ケニー・オメガ(新日プロレス)初受賞
最優秀タッグチーム賞 関本大介、岡林裕二(大日本プロレス)組 5年ぶり2度目
新人賞 橋本千紘(センダイガールズプロレスリング)
功労賞 故ハヤブサさん(享年47)
女子プロレス大賞 紫雷イオ(スターダム)2年連続2度目
レスリング特別表彰 登坂絵莉(東新住建)リオ五輪レスリング女子48キロ級金メダル(4度目)
伊調馨(ALSOK)リオ五輪レスリング女子58キロ級金メダル(14度目)
川井梨紗子(至学館大)リオ五輪レスリング女子63キロ級金メダル(初)
土性沙羅(至学館大)リオ五輪レスリング女子69キロ級金メダル(初)

2017年プロレス大賞
最優秀選手賞=MVP 内藤哲也(新日本プロレス)2年連続2度目
年間最高試合賞=ベストバウト 1月4日、新日本プロレス、東京ドーム
オカダ・カズチカVSケニー・オメガ
殊勲賞 YAMATO(DRAGON GATE)初受賞
敢闘賞 柴田勝頼(新日本プロレス)初受賞
技能賞 鈴木秀樹(大日本プロレス)初受賞
最優秀タッグチーム賞 諏訪魔、石川修司(全日本プロレス)組 初受賞
新人賞 青柳優馬(全日本プロレス)
特別賞 松井珠理奈(豆腐プロレス・“ハリウッド”JURINA)
女子プロレス大賞 紫雷イオ(スターダム)3年連続3度目
レスリング特別表彰 【女子】須崎優衣(安部学院高)パリ世界選手権48キロ級優勝
奥野春菜(至学館大)パリ世界選手権55キロ級優勝
川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)パリ世界選手権60キロ級優勝
土性沙羅(東新住建)パリ世界選手権69キロ級優勝
【男子】文田健一郎(日体大)パリ世界選手権グレコローマン59キロ級優勝
高橋侑希(ALSOK)パリ世界選手権フリー57キロ級優勝

 

 

 

ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【とこなめボート】GIIモーターボート大賞
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は福岡ボート「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!