【全日本】王者・SUGI 児玉を退け世界ジュニアV2成功 次期挑戦者にはイザナギが名乗り

2021年09月22日 00時00分

場外の児玉(右)に驚異の空中殺法を繰り出すSUGI(東スポWeb)
場外の児玉(右)に驚異の空中殺法を繰り出すSUGI(東スポWeb)

 全日本プロレス21日の後楽園ホール大会で、世界ジュニア王者・SUGIが児玉裕輔の挑戦を退け、2度目の防衛に成功した。

 同王座初挑戦の児玉を迎え打ったSUGIは、レフェリーの目を盗んだ急所蹴りからBKバスターを浴びて窮地に陥った。それでもマッドスプラッシュを膝で迎撃すると、雪崩式リバースフランケンで形勢逆転に成功する。

 さらにカナディアンデストロイヤー、千本桜(変形ドロップキック)と猛攻を仕掛けていく。最後はスワンダイブ式のファイヤーバードスプラッシュで粘る挑戦者を振り切った。

 試合後のリング上にはイザナギが姿を現し「いろんな小細工考えましたが、今の試合見てまっすぐ挑戦表明しようと決めました」と次期挑戦者に名乗り。これを受諾したSUGIは「どんな選手か全然分からないんですけど、正々堂々と出てくるってことは私の実力が分かったということになるので。実力をただ発揮して防衛するだけです」と、返り討ちに自信をのぞかせていた。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ