【東京女子】山下実優「余裕がないからこそ!」 瑞希とのプリンセス王座V4戦に弾みつく快勝

2021年12月05日 08時00分

瑞希(上)にジャーマンを仕掛ける山下実優
瑞希(上)にジャーマンを仕掛ける山下実優

 東京女子プロレスのプリンセス・オブ・プリンセス王者、山下実優(26)がV4に弾みをつけた。

 4日の新宿大会では、来年1月4日の東京・後楽園ホール大会(イッテンヨン)で迎え撃つ瑞希(26)とタッグマッチで前哨対決。試合中盤で、ついに2人が激突した。

 腹部攻めに苦しむ瑞希がアティテュードアジャストメントをスリーパーで切り返し、執ようなフェースロックで王者を追い詰めるも、ギブアップは奪えない。

 山下もダイビングフットスタンプをかわしてリターンクラッシュを決める互角の攻防。山下のカバーをダイビングフットスタンプでカットした瑞希に、怒りの投げ捨てジャーマンを放つ場面もあった。最後は山下が孤立する遠藤有栖をスカルキックで仕留め、勝利した。

 最後は圧巻の強さを見せた山下は「私は今年、瑞希に負けているので、チャンピオンなのに正直余裕がない。余裕がないからこそ、イッテンヨン前からガンガン攻めていきたい」と語り、表情を引き締めた。

 一方の瑞希は「強い相手を倒すのが私は好きなんだなって。ちょっと頭がおかしいかもしれないけど、ワクワクしてきた」と不敵な笑みを浮かべながら巻き返しを見据えた。

関連タグ: