阪神・西純がプロ初登板初勝利!矢野監督は孝行息子に「100点」

2021年05月19日 22時14分

初勝利の西純をたたえる矢野監督

 阪神は19日のヤクルト戦(甲子園)に3―1で快勝。2019年のドラフト1位右腕・西純矢投手(19)が5回無安打4四球無失点の内容でプロ初先発初勝利をマークした。

 お立ち台に上がった西純は「心臓が飛び出るくらい緊張しました。ウイニングボールは母にあげたい。もっと四球を減らして圧倒的な投球ができるようになりたい」と初々しく笑顔をはじけさせた。

 矢野監督も「5回無失点という内容は100点だと思う。俺もいろいろ(捕手として)初登板のピッチャーを受けてきたけど、緊張でストライクが入らないケースが多かった。(西純は)結果的に無失点で帰ってきたという点で(気持ちを)切り替えたり攻めていくという気持ちはあると思う」と孝行息子の初陣に目を細めた。

関連タグ: