阪神・秋山が3回6失点の背信投球…好調・虎先発陣の中、今季最短降板&最多失点でKO 

2021年04月22日 20時44分

坂本に一発を浴びた秋山はマウンドで呆然

 まさかの撃沈…。22日の巨人戦(東京ドーム)で先発マウンドに立った阪神・秋山拓巳投手(29)は3回6失点で降板となった。

 6カード連続となる勝ち越しを託されたものの右腕は立ち上がりから巨人打線に捕まった。初回一死一、三塁から相手の4番・岡本に左中間への適時打を浴び、先制の2点を献上。さらに二死三塁から重信にも左前へ運ばれ、いきなり3失点を喫した。何とか立ち直りきっかけをつかみたいところだったが、2回には吉川、坂本に相次いで一発を被弾するなど修正できなかった。

 3回57球を投げ、10安打6失点。開幕から22試合目にして初めてチームの先発投手が5回までを投げ切れなかった。また先発投手としては今季最短・最多失点での降板となった。

関連タグ: