広島の矢野&羽月〝小兵コンビ〟が巨人戦で躍動 ともに2安打で開幕一軍アピール

2021年02月27日 19時27分

ヒットを打つ矢野雅哉

 広島の〝小兵コンビ〟が揃ってアピールに成功した。27日に行われた巨人との練習試合(那覇)ではドラフト6位・矢野雅哉内野手(22=亜大)と羽月隆太郎内野手(20)がともに4回の守備から途中出場。5回の攻撃では171センチの矢野が二塁打で出塁すると167センチの羽月も安打で続く。
 
 7回には矢野が粘って四球をもぎ取ると、負けじと羽月も適時打。矢野は9回にも安打を放ち2打数2安打1四球、羽月も3打数2安打1打点と結果を残した。初の開幕一軍を目指し必死のプレーが続く羽月が「まだまだアピールして一軍の戦力になれるように頑張りたい」と意気込めば、新人ながらハツラツとしたプレーを見せる矢野も「一打席一打席が自分にとって数少ないチャンス。一打席も無駄にすることなくやっていければいい」と腕をぶす。
 
 2人とも小柄ながら存在感は日増しに大きくなっている。

関連タグ: