楽天・田中将のブルペンに小山コーチ「だいぶボールにも力が入ってきた」

2021年02月17日 17時47分

ブルペン入りした楽天・田中将

 楽天・田中将大投手(32)が17日、実戦初登板となる20日の日本ハム戦(金武)に向けて36球のブルペン調整を行った。

 実戦を想定し、カウントや状況を設定して投げた。打者役として左右両打席に立った小山投手コーチは「だいぶボールにも力が入ってきた。良かったと思います。変化球は最初のころから制球できている。あとは真っすぐの力強さであるとか、納得いかない部分も多いと思いますし、その辺は実戦に入ってくる中で修正してくると思います」と現状について言及した。

 8季ぶりに日本球界に復帰した田中将は「中4日で100球」をメドとする米国式の先発スタイルから「中6日で120球」の日本式への再適応も課題となってくるが、小山コーチは「(体力面の)アドバイスも何もない。やってくれると思っているし、監督の考えも伝えている。あまりブルペンで球数を投げたから、それが試合でということでもない。その辺は計算してやってくれると思うので大丈夫だと思います」。田中将には全幅の信頼を寄せている。

関連タグ: