阪神・金村コーチ「藤浪は現状では中継ぎ。先発ローテは揃っている」

2020年10月12日 17時36分

11日のDeNA戦でも好救援を見せた阪神・藤浪

 阪神・金村投手コーチが12日、甲子園球場で行われた投手練習後、報道陣の取材に応対。藤浪晋太郎投手(26)を当面の間、救援投手として起用し続けていく考えを明かした。

 9月26日以降、リリーフとして8試合に登板した藤浪は防御率3・86、4ホールドと安定した投球を披露。復活へ向け良化の兆しを見せている。首脳陣からの信頼も徐々に取り戻しつつあり、前日11日のDeNA戦では1点リードの8回に登板。自己最速タイとなる球速160キロの剛速球を軸にした投球で1回をパーフェクトに抑えて見せた。

 金村投手コーチは「(今後)日程的にも6連戦が続く形になりますし先発ローテのメンバーは揃っている。(藤浪は)いい状態を保っていてくれているので、現状では中継ぎとしてやってもらおうと考えている」と説明した。

 新型コロナウイルス集団感染の影響で大量の主力選手離脱を余儀なくされた中、苦肉の策として採用された救援起用策が見事にハマりつつある背番号19。新境地での快進撃に今後も期待したい。