中日・根尾 外野手転向を勧める声が…

2019年09月30日 16時30分

遊ゴロをさばいた根尾

 中日のドラフト1位新人・根尾昂内野手(19)が29日、甲子園での阪神戦でついに一軍デビューした。0―4の7回守備から京田に代わって遊撃で出場。代わりばなに北條の打球がさっそく飛んできた。「代わったところに飛びやすい。やっぱり来たなという感じ」と心の準備はできていたが、緊張のせいか送球はそれた(結果はアウト)。その後は4―6―3の併殺も完成させた。

 ジョンソンとの対決となった8回二死一塁のプロ初打席はストライク2球を見逃し、最後は変化球にバットが止まらず3球三振。攻守でホロ苦デビューとなったが、根尾は「グラウンド内での緊張感や相手投手の気迫を感じることができたので良かった。ファームと比べてファンの熱気とかは一軍の方が強い。よりこの舞台でプレーしたいという思いが強くなった」と前を向いた。

 ただ、現実問題として一軍の壁は高い。チーム内には「根尾はスローイングが弱点で安定していないから京田との守備の差はかなりある。いくら打撃で何割打とうが、今の守備で正遊撃手の座を奪うのは難しい」(関係者)との見立てもある。そこで浮上しているのが外野手転向プランだ。

 根尾は遊撃にこだわりを持っているが、前出関係者は「右翼の平田は年間通して出るのが厳しいし、中堅の大島もベテランの域に達している。中日では過去に福留(現阪神)も遊撃から外野に回って成功した。その方がよほどチャンスも増えるはず」と指摘。別の関係者も「このまま遊撃で京田と競わせても、根尾がレギュラーになるのは何年もかかってしまう。本人に(遊撃への)こだわりがあっても、首脳陣が根尾を説得して外野にコンバートした方が本人、さらにはチームのためにもなる」と訴える。

 京田はライバルになる根尾のプレーに「落ち着いてたと思う。高卒1年目で一軍の舞台に立てるなんてすごいこと。いい経験になるのでは」と褒めちぎっていたが、チーム内では外野手転向を勧める声がもっぱらだ。