エンゼルス・大谷翔平 先頭弾で11試合ぶり46号! 史上初の投打5部門での100越え達成

2021年10月04日 04時30分

待望の一発でついに100打点に到達した大谷(ロイター=USA TODAY Sports)
待望の一発でついに100打点に到達した大谷(ロイター=USA TODAY Sports)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は3日(日本時間4日)に敵地シアトルでの今季レギュラーシーズン最終戦のマリナーズ戦に「1番・DH」で出場し、初回先頭で11試合ぶりの一発となる46号を放った。日本人選手では2007年の松井秀喜(ヤンキース)以来、14年ぶり2人目のシーズン100打点に到達した。

 敵地Tモバイル・パークが沈黙したのは初回だった。相手先発の左腕アンダーソンのカウント1―1からの内角高めの86・4マイル(約139キロ)のカットボールをフルスイング。角度20度で打ち出した112・9マイル(約181・6キロ)の光速ライナーはあっという間に右中間に突き刺さった。

 飛距離418フィート(127メートル)の一発は今季4本目の先頭打者弾。この時点で本塁打王争いトップのロイヤルズのペレスに2本差とした。同時にシーズン100打点をマーク。これで史上初の投打5部門(投球回=130回1/3、奪三振=156、安打=138、得点=103、打点=100)の100越えを達成した。

関連タグ:

ピックアップ