エンゼルス・大谷翔平は無安打で9戦アーチなし ライバル2人も音なしで3差のままラスト2戦

2021年10月02日 14時52分

9戦連続本塁打なしの大谷(ロイター=USA TODAY Sports)
9戦連続本塁打なしの大谷(ロイター=USA TODAY Sports)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は1日(日本時間2日)、敵地シアトルでのマリナーズ戦に「2番・DH」で出場。中飛、敬遠四球、二ゴロ、空振り三振の3打数無安打1四球に終わり、9戦連続本塁打なしとなった。打点も稼げず、日本勢では2007年のヤンキース・松井秀喜以来14年ぶりとなる100打点もお預けとなった。チームは2―1で勝った。

 ただ、48本塁打で本塁打王争いトップのペレス(ロイヤルズ)、46本塁打のゲレロ(ブルージェイズ)もこの日はそろって無安打に終わっており、45本塁打の大谷とペレスの差は「3」のまま。残る2戦で大どんでん返しを起こせるか。

関連タグ:

ピックアップ