西武は22日、本拠地開幕戦となる4月2日オリックス戦(ベルーナドーム)で、オードリー・春日俊彰(45)が始球式を務めると発表した。

 春日は西武がフランチャイズを福岡から所沢に移した1979年に埼玉・所沢で生まれた生粋のライオンズファン。これまでイベントなど本拠地に来場した際のチームの成績は7戦5勝と勝ち越している「勝利の男神」だという。

 春日は球団を通じて「出ました、ライオンズ勝利の男神・春日。今回青炎隊長としてホーム開幕戦の勝利および今シーズンのホーム戦全勝を約束しよう。そのためには諸君の力の限りの青炎が必要だ。4・2、やる獅かない。勝つ獅かない。来る獅かない。ベルーナドームで待つ!」とコメントした。