ソフトバンクの柳田悠岐外野手(35)が9日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5000万円ダウンの年俸5億7000万円プラス出来高払いでサインした。来季が7年契約の5年目となる。今季は最多安打のタイトルを獲得し、打撃主要部門でも上位につけたが「個人的には納得がいかないシーズンが続いている」と減俸にも潔く判を押した。

 そんな中で個人的に満足できたのは「全試合に出場できたこと」。その要因を問われた柳田は「DHじゃないですか」とちゃめっ気たっぷりの回答。今季は143試合のうち67試合に指名打者として出場した。来季に向けて「(巨人からトレードで)ウォーカーも来るので、守備も増えると思う。そこは自分でも分かっているので、守れるように、動けるようにトレーニングしています」と語った野手最年長の35歳。4年ぶりのリーグ優勝、日本一奪回へ攻守でフル回転する。(金額は推定)