米プロレス団体「AEW」は、20日(日本時間21日)の「AEWダイナマイト」に〝ゴールデンスター〟飯伏幸太(41)が参戦すると発表した。

 12日(13日)放送の「ダイナマイト」で、「ジ・エリート」5人目のメンバーとして大型ビジョンで紹介された。20日のダイナマイトでは「ジ・エリート」のケニー・オメガ、ヤングバックス(マット&ニック・ジャクソン)、ハングマン・ペイジと組み、ジョン・モクスリー&クラウディオ・カスタニョーリ&ウィーラー・ユウタ&竹下幸之助&PACの「ザ・ブラックプール・コンバットクラブ」と対戦する。

 飯伏は2021年10月の新日本プロレス「G1クライマックス」でオカダ・カズチカとの優勝決定戦に進出するも、試合中に負傷。「右肩関節前方脱臼骨折」および「関節唇損傷」と診断され、長期欠場を余儀なくされた。今年1月31日付で新日本を退団し、3月に米国マットで復帰。8月4日のGLEAT両国国技館大会への参戦が決まっている。

 AEW参戦だけでなく、ケニーとの「ゴールデン☆ラヴァーズ」復活も大きな話題を呼びそうだ。