DDTの女子プロレスラー・赤井沙希(36)が24日に現役引退を電撃発表し、大きな反響を呼んでいる。デビュー10周年イヤーとなる今年で区切りをつけ、11月12日の東京・両国国技館大会で引退試合を行う。青天のへきれきともいえる事態に、〝令和のAA砲〟のパートナーであり、赤井を姉のように慕うアイドルグループ「SKE48」荒井優希(25)は何を思うのか――。

 純白のドレスを身にまとった赤井は、目に涙を浮かべながら「枯れて散る花でなく、美しいまま散る花でありたい。寂しさがないと言えばうそになりますが、これが一つのファンの皆さまへの愛の形であり、私の美意識です」と独特の表現で引退理由を説明した。

 ボクシングの元世界ランカーで俳優の父・赤井英和にはまだ伝えていないとし、「父は誰よりも自分自身がリングで戦う楽しさを知っているので、ケジメとして、報道で知られた後に報告しようかと思っています」と語った。

 2013年8月18日に両国国技館でプロレスデビュー。芸能・モデル活動と並行して駆け抜けてきた10年だった。まるでその背中を追うように、アイドル活動を続けながら21年5月にプロレスデビューしたのが荒井だ。

 本紙の取材に応じ「とっても寂しいです。でも、10年という節目で次に進む姿はとてもかっこよくてすてきだなと思いました」と赤井の引退について語る。昨年は令和のAA砲を結成し、7月には東京女子プロレスのプリンセスタッグ王座を戴冠。荒井に初タイトルをもたらしてくれた。

「うれしかったけど、すごく大変で。赤井さんがいたから前に進めたと思います」と振り返る。タイトル戦前日になると、荒井の不安を察したかのように「眠れる?」とメッセージが届いた。入場前、震える荒井を優しく抱きしめてくれたことも忘れない。

「たくさんの気遣いと優しさをいただいたなと思います。隣にいると、たくさん学ばせていただけることがありました。『試合中は相手を見ること!』って何度も教えていただいて。当たり前だけど、私はできていなかったので。今も試合中に下を向いてしまいそうになったときは赤井さんの言葉を思い出します」

 まさに姉貴分でありプロレスの師匠ともいえる存在だからこそ、引退ロードでの再会を熱望する。「機会があれば最後にAA砲を見てもらいたいし、赤井さんの隣にいる自分をもう一度見たいです。最後に組んだのが(1月の)トーナメント(2回戦敗退)で、私は悔しくて号泣して終わっている。それが最後になるのは悲しいです!」と訴える。

「赤井さんの引退後は荒井が意思を受け継いで、強く、気高く、美しく戦い続けます!」。メッセージは届くのか――。