東京女子プロレスに参戦するアイドルグループ「SKE48」荒井優希(24)が、〝女子プロ界最強のレジェンド〟アジャコング(52)とのシングルマッチで奮闘した。

 18日の東京・有明コロシアム大会では、2021年10月、当時デビュー5か月だった荒井が厳しい洗礼を浴びた因縁の相手と対戦。アジャとの初の一騎打ちで勝利に燃える荒井は、序盤から得意のビッグブーツを繰り出し、ドロップキックで攻め込むも、アジャには全く通用しない。さらにエルボーを連打し、食らいつく。しかし、アジャからの強烈なエルボー1発で吹っ飛ばされてしまった。

 レジェンドからの厳しい攻めに荒井は、コーナーから勢いをつけ必殺技のファイナリー(かかと落とし)を発射。反撃が成功したように見えたが、アジャから頭部を一斗缶で殴られ、流れを失う。その後、パイルドライバーからのバックドロップで徹底的に叩きのめされ、窮地に陥った。

荒井優希(左)を一斗缶で攻めるアジャコング
荒井優希(左)を一斗缶で攻めるアジャコング

 それでも荒井は力をふり絞って得意のビッグブーツで意地を見せたが、アジャの強さに圧倒された。最後はアジャから垂直落下式ブレーンバスターを決められ、無念の3カウントを献上した。

 試合後、疲労こんぱいの荒井は「すごい差があるのもわかっていた。でも自分が勝つことを信じてくれてる人のためにも、どんな形でも勝ちたかった」と悔しがった。その一方で「でも、最後にアジャさんから、またやろうって言ってくれので、次は本当に勝ちたいし、絶対もっと成長してアジャさんと見ている人を驚かせたいなって思いました」と拳を握りしめた。