韓国至宝・李康仁を地元メディア絶賛「一気にバレンシアのエースに浮上した」

2021年02月28日 15時43分

李康仁(ロイター)

 注目を集めた〝日韓至宝対決〟でフル出場したスペイン1部バレンシアの韓国代表MF李康仁(イ・ガンイン=20)を地元メディアが大絶賛だ。

 27日のヘタフェ戦は日本代表MF久保建英(19)との対決が話題となっていたが、後半40分からの途中出場だった久保に対して李康仁は今季初のフル出場。バレンシアは0―3と完敗だったにも関わらず、韓国メディアはそのプレーぶりに絶賛の嵐だ。

 同国メディア「ベストイレブン」は「李康仁が一気にバレンシアのエースに浮上した。(前節の)セルタの試合をチェックしたヘタフェは李康仁に向かって集中的にチャージした。苦しい状況でもファウルを誘導し続け、チームにチャンスをもたらした」とヘタフェが徹底マークしたという分析のうえで献身的な働きを見せたと称賛。「チームに必要な選手であることを立証した試合だった」と今後の活躍に太鼓判を押した。

 また「OSEN」もスペインメディア「ホルナダペルフェクタ」の評価を引用したうえで「李康仁にバレンシアの選手の中で最高の7点を与え、相手に脅威を与えたチームトップの選手だったと褒めたたえた」とスペインでもその活躍ぶりが高く評価されていると報じた。

 韓国では、日韓至宝対決は「李康仁の完勝」と盛り上がっているようだ。

関連タグ: