【WWE】紫雷イオが怨敵キャンディス軍に襲撃され失神!

2020年11月27日 15時46分

キャンディス軍に襲撃された紫雷イオはラケル・ゴンザレスに担がれて失神の醜態(2020-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.)

 配信されたWWE・NXT大会で〝暗黒の逸女〟ことNXT女子王者の紫雷イオ(30)が、怨敵軍のテロ襲撃を受けて失神。「NXTテイクオーバー:ウォーゲームス」(12月6日)へ向けて女子軍団抗争が一気に激化した。

 この日の第1試合ではイオの怨敵キャンディス・レラエ(35)が、エンバー・ムーン(32)をウィックドステップシスター(サーフボード式ストンプ)で沈めて快勝。異変は試合後に起きた。

 キャンディスが自軍の巨女ラケル・ゴンザレス(29)、ダコタ・カイ(32)とエンバーに暴行を加えていると、同じくイオのライバルで元NXT・UK女子王者のトニー・ストーム(25)が登場。チームを組んでいたエンバーを救出すると思いきや、裏切ってキャンディス側に寝返ったのだ。トニーはエンバーに惜別のパンチを見舞うと、ゴンザレスがチョークスラムでエンバーを完全失神させてしまった。

 試合後、キャンディスはトニーと正式合体を表明。「NXTテイクオーバー:ウォーゲームス」で行われる女子ウォーゲームス戦に出場するチーム・キャンディスのメンバー4人(キャンディス、トニー、ゴンザレス、ダコタ)を正式発表した。対戦相手の〝緑髪の悪魔〟ショッツィ・ブラックハート(28)率いるチーム・ショッツィはまだショッツィ1人しか決まっていない…。

 波乱は続く。第3試合終了後には先週大会にイオの王座に挑んで敗退した元NXT女子王者リア・リプリー(24)がリングイン。「イオに負けたけれど、彼女には尊敬の念しか抱いていない。私はまだNXTに所属して王座を狙い続ける」と所信表明していると、チーム・キャンディスの4人が何と完全失神したイオを担いで登場。どうやらイオはバックステージで4人に襲撃を受け、意識を完全に失ったようだ。

 4人はリアも襲撃してダウンさせると、大の字のイオを踏みつけて勝ち誇った。果たして共通の怨敵を倒すために、イオとリプリーの合体はあり得るのか。女子ウォーゲームス戦に嵐が吹き始めた。

「NXTテイクオーバー:ウォーゲームス」は日本時間12月7日、WWEネットワークで配信される。